さっちーのサクラサク

サクラサク毎日を綴ります

読みもん

ロスジェネの逆襲

春先から地元の図書館で貸し出しの予約をしていた「ロスジェネの逆襲」
ようやく借りることができました。

いやぁ~面白かった。
あまりのおもしろさに2日で読破してしまいました。

昨年は例にもれず
半沢直樹にどっぷりハマっていました。

ドラマでは最後に出向させられた東京セントラル証券での話。
その続編ということで
読んでいる間、半沢の声はずっと堺さん。
きっちり「倍返しだ!」のセリフもありました。
もうドラマで続編が作られたら
この役はこの人かなぁなんて想像してました。
部下の森山は10年若かったら妻夫木くんだろうけど
今なら岡田将生くんかなぁ・・・あくまでも個人的予想。
2014-08-08-18-57-03

また続編がすでにあるらしいし
次も読みたいなぁ。

天空の蜂

最近はぜんぜん東野圭吾作品は読んでいないのですが
何年も前にどっぷりハマった時期がありました。

そんな中、東野作品で一番好きなのはと聞かれると
迷わず「天空の蜂」と答えていました。
ハラハラドキドキ感が強くって
結構分厚い単行本だったけど
一気に読んだ覚えがあります。

そんな「天空の蜂」が映画化になるんだとか。

これは絶対に映画化は無理だろう・・・って思ってました。

敦賀の原発の高速増殖炉の上に
乗っ取られた無人ヘリコプターが飛んでいて
犯人は全国の原発を止めろと要求。

そんな話が20年も前に書かれていたのも凄いなって思う。

福島の事故が起きて
原発に対する考えもみんな変わってきて
果たしてどんな映画になるのか。

そしてもう一つびっくりしたのが
脚本が楠野くんだってこと。
コサキンリスナーとしてはこっちのが驚いたかも。

ハンサム本

休み中に読んでね!っと
友達にもらった本。
233

ばかばかしくって一気に読めた。
「ハンサムなのれんのくぐり方」「ハンサムな魚肉ソーセージの食べ方」とか
女子(あえて女子と言う)の私からすると
全然ハンサムではないんだけど・・・
そして「こんな○○はいやだ」的な鉄拳のネタのようなコーナーが
私的にはツボにハマった。

買うほどでもないけど
とにかくバカになりたい人にはお薦め。

ガラスの仮面

昨日の「アメトーク」のガラスの仮面芸人
面白かったぁ。

話すこと全部がわかる話ばっかりやったし。

私の好きなシーンは
最初のほうで
乙部のりえに嵌められて大河ドラマの主役おろされて
それを知った亜弓さんが
パパのコネを使って乙部のりえと舞台で共演して仕返しするシーン。

そして泥だんごの後の
芸能界追放されたマヤに亜弓さんが「待ってるわよ」って言うところは
何度読んでも号泣してしまいます。

また読みなおしちゃおうかなぁ。

さよならドビュッシー

つい最近本屋でいわゆる一目ぼれで買った本があります。

「さよならドビュッシー」
第8回このミステリーがすごい大賞 受賞作品

この本の存在については全然知らなくって
ただ、単行本の帯に
私の大好きな妻夫木くんが絶賛されていて思わず購入。
妻夫木くんの言うとおり
最後にどんでん返しがあって面白かった。

ピアニストを目指している主人公が
火事に巻き込まれたが一人生き残り、大やけどを負いながらも
ピアノを弾き続けるけど、
不吉なことがおこって、殺人事件まで起こってしまうという話。

ピアノ12級の私には「ドビュッシー」ってさっぱりわかんないけど
ピアノを弾く姿が想像できるぐらいのめりこんで
一日で読み切ってしまいました。

面白かったなぁ~。

同じシリーズの
「おやすみラフマニノフ」が発売中ですが
基本、単行本派の私なので
単行本発売まで待つことにします。

livedoor 天気
livedoor プロフィール
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ